高木 幹太

ニックネーム:かんちゃん

出身校:名古屋こども専門学校

2018年入社

メモリスを選んだ理由は?

面接の際に1日体験をさせていただきました。 その時に梅田さんと後藤さんと撮影をご一緒させていただいた際に子どもとの遊び方、関わり方、フォトグラファーとアシスタントの関わり方、テンポの良さがとても印象的でした。 まずもって、アシスタントの子どもの笑わせ方がうますぎる!と思いました。 最初は保育士になろうと思っていましたが、その楽しそうな雰囲気・職場のキャストの仲の良さそうな雰囲気を感じてメモリスに決めました。

現在の仕事内容とやりがいは?

僕は今フォトグラファーをしています。お子様、そしてそのパパママの最高の一瞬を一枚の写真として切り撮ることによって、一生に一度の瞬間をずっと残すこと。それに対してのお客様からいただける感謝の気持ちが今の僕にとってのやりがいになっています。

働く上で大切にしていることは?

僕が今メモリスで働く上で大切にしていることは、キャスト全員が働きやすい環境を作ることです。友人や親族の職場の話を聞くと、人間関係のトラブル、先輩からの圧、プレッシャーなどでとても環境が悪いのが悩みと言っている方が沢山います。 なので、どんなキャストも働きやすい環境、雰囲気づくりを作ることを大切にしています。

印象に残っているお客様とのエピソードは?

自分が印象に残ってるお客様とのエピソードは、初めてアシスタントで指名を頂けたお客様です。 入社して2ヶ月ほどした時にまだまだ未熟な僕が極度の人見知り2歳のお子様の撮影に入りました。 沢山関わって、最終的にすごく心を開いてくれて、それ以降撮影に来る度に僕をアシスタント指名で呼んでくれます。 とても嬉しい印象に残った方でした。

夢や目標は?

自分の今の夢はカメラマンとして一人前になって、サブチーフ、ゆくゆくはチーフになってみんなを引っ張っていける存在になりたいです。 そのために、とりあえず今自分にできる最大限の努力をすることを目標としてかかげています。