大野 由利絵

ニックネーム:ぴょん

前職:販売

2015年入社

メモリスを選んだ理由は?

自分が子育てをする中で、育児の大変さを痛感したと同時に人生の中で喜びに溢れた時期を過ごしてると感じました。 仕事をするなら子育てをするお母さんの幸せを形として残してあげたいと強く思いました。 当時、知人の紹介でメモリスの七五三の撮影を体験した際に、キャストのみなさんの温かい印象や世界観も素敵だなぁと感じ応募しました。

入社して感じたギャップは?

一店舗に在籍する人が少ないため一人一人の繋がりを大切にしていたり、コミュニケーションが多く温かい職場だなと嬉しく感じました。 人事異動やチーフが変わる事が多くて驚きました。会社としてはまだ整っていなく会社を作っている途中の状態なのだなとギャップを感じました。

あなたの考えるメモリスの強みは?

ママがワクワクできる環境があることです。 他のスタジオよりも世界観が確立されていておしゃれなものが多いと思います。 キャストみんなが優しく相手を大切にできる人が多いので、カメラや美容経験者ではなくても育てていける仕組みが整ってきていると思います。

働く上で大切にしていることは?

お客様が数あるスタジオの中からメモリスを選んでくださり、大切なご記念の撮影を任せてくださっている事を当たり前と思わず、感謝を忘れないように意識しています。 進化を止めないこと、キャスト一人一人が夢や目標をしっかり持って取り組み後押しできる環境であることも大切にしてます。

夢や目標は?

ママの愛情をカタチとして綺麗に残してあげたいです。 これは入社当時から変わらずに持っている目標です。 より多くの感動を届けられるように写真の技術向上は勿論ですが、メモリスキャストの写真、美容、接客向上にも貢献していきたいです。 いつか、まだメモリスでは撮影できないニューボーンフォトへの挑戦もしてみたいです。