サブチーフ

山﨑 久美子

ニックネーム:ザッキー

前職:保育士

2016年入社

転職のきっかけは?

前職は保育園でパート保育士でした。 ただ、パートだから出来ないことや、させてもらえないことが想像以上に多い園だったため、自分のやりがいを失ってしまっていました。 パートという働き方でも責任を持ってみんなと同じように仕事がしたいと思ったからです。

メモリスを選んだ理由は?

入社前は顧客として何度も撮影でメモリスに来店していたくらいメモリスのファンでした。とてもキラキラとした場所、生き生きとしたキャストの皆さん、私もこんな非日常的な空間で働きたいと思ったからです。 保育士として仕事をしていたので、そのスキルも生かせると思いました。

前職との違いは?

転職したときは自分がフォトグラファーになるなんて想像もしていませんでした。 30代後半で新たな分野のスキルを身につけて仕事に出来るとは思っていなかったことと、それをパートという働き方でも実現できる環境が前の職場との違いだと感じています。

働く上で大切にしていることは?

家庭と仕事のバランス。これが崩れると私の働く意味や働き続けることも困難になるのではないかと思っています。 今回コロナでの休業期間中に自分の働く意味なども再確認出来ました。 働くことで母が生き生きと仕事をする姿を見せていきたいという考えを再確認しました。

印象に残っているお客様とのエピソードは?

楽しかった思い出は山ほどありますが、どうしてももう一度会いたいお客様は2組いらっしゃいます。 1組はママが末期癌でご来店されたお客様です。撮影の2ヶ月後にお亡くなりになりました。 涙しながらのモニターでした。もう一度パパとお子様の2人でご来店してくださった際にはあの日と同じ場所で家族写真を撮りたいと考えています。 もう1組はお子様が病気で撮影の後大手術があるお子様のご家族でした。その子は脳に障害があるのでほぼ立てませんでした。 しかし撮影では一生懸命立とうとしてくれました。ただ生きるか死ぬかの手術とうかがっていたので、いつか歩いている姿を撮影したいです!